セルノートのバストアップ効果って実際どうなの?

セルノート 効果
トップページ > 偏った食事は胸の成長に良くないと
ページの先頭へ

偏った食事は胸の成長に良くないと

偏った食事は胸の成長に良くないという説があります。


つまり、バストアップに効く食べ物だけを食べたとしても胸のサイズアップに繋がらないということです。

特定の栄養に限って摂取したとしても胸を大きくするのは不可能です。日頃の食事で色々な栄養を偏るなしに摂るということが胸を大きくするためには必要となってきます。
通常、バストアップ効果を期待して飲んでいることが多いのがプエラリアというものです。

このプエラリアは、女性ホルモンに作用するという作用から、女性になりたい男性も摂取したりしています。



常連の方も多いようですが、しかし、副作用のリスクもあり、バストアップの効果にも個人で差が出たりします。

バストアップのために必要な栄養を摂取するためにも栄養バランスが取れた食生活を送るように心がけます。食生活が不規則だったり、栄養が偏っていたりすると、胸を大きくすることも難しくなります。



シャワーで済まさず、浴槽に浸かるようにして、血行促進するよう努めてください。

血の巡りが悪いと、胸まで充分な栄養を届けることができませんので、血行促進に努めるように考えて過ごしましょう。バストアップと肩甲骨は、深い関連があるという風に言われています。
ゆがみが肩甲骨にあると血の巡りが悪くなり、栄養を胸に十分行き渡らせることができません。

そうなると、胸の発育を邪魔してしまうので、肩甲骨の歪みを改善して血液の流れを良くしましょう。更に、肩凝りや冷えといった原因にもなります。



体を温めるために湯船に浸かり血液循環が良くなったところで、バストアップ効果が期待できるマッサージをすれば、さらに効果が期待できるでしょう。それに、お風呂に浸かって体温を上げることで、質の良い睡眠にも繋がり、バストアップに必須の成長ホルモンがよりたくさん分泌されるようになります。育乳するためには必ず湯船に浸かるようにしてください。

胸を大きくするためには、キャベツを食べることが効果的という有効説があります。
キャベツには、ボロンと呼ばれる栄養素が入っているのですが、栄養素が女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促すのです。
でも、ボロンの一日の摂取量で理想なのは、キャベツ1玉分とされていますので、サプリメントなどとの併用が望ましいでしょう。


大豆イソフラボンという物質の働きについて述べましょう。



イソフラボンは女性のホルモン類似の働きを見せるありますのでバストを大きくしたい人や年を重ねるに従って抜け毛が多くなってきてしまった人などにおすすめの成分です。もし、胸を大きくしたい時、ただ単に鶏肉を食べるといいということじゃなく、、食べるといい部位というのがあるのです。



鶏肉で特にタンパク質をたくさんあるのはササミとのことです。



ササミは豊富にタンパク質を含んでいながら、脂肪が少ないことが特徴です。胸のサイズアップは女性みんなが憧れることではないでしょうか。それは女の性として染み付いているものだと考えられるからです。なぜか時に果物の大きさを例にとって表現される胸ですが、なにゆえそのようなものと並べられるようになっていったのでございましょうか。エレキバンでバストをアップさせることができるという話があったりします。

効きめには個人の差があるそうで、バストがアップした人もいれば、全然、実感できなかった人も存在します。それでも、簡単に手に入れられるものなので、試しに使ってみてもいいかもしれません。
「だん中」、「天渓」と呼ばれるツボにエレキバンを貼ってみましょう。

関連記事

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 セルノートのバストアップ効果って実際どうなの? All rights reserved.